カテゴリー:製品安全

Bluetooth機能があるデバイスが乗っ取られるセキュリティ問題。スマホも含めて全世界82億のデバイスに影響の可能性。

JPCERT/CC(一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター)は9月13日、 アメリカのIoTセキュリティ企業Armisが公開した複数のOSやデバイスが対象のBluetoothに関するセキュリティ問題「BlueBorne」の注意喚起を公表しました。 BlueBorneはセキュリティ更新がされていないWindows、Linux、Android、iOS、tvOSデバイス他、医療機器やIO […]

【早急にアップデートを】ドコモ製モバイルWi-Fiルーター「L-02F」にセキュリティ問題、第三者に悪用される可能性

JPCERT/CC(一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター)とIPA(独立行政法人情報処理推進機構)は9月12日、ドコモが販売するLG製モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION L-02F」に大きなセキュリティ問題があることを公表しました。 想定される被害は、第三者が管理者権限で不正にL-02Fを操作すること、L-02Fに保存されている設定情報を取得されてしまうことで […]

消費者庁公表 消費生活用製品の重大製品事故にAnker充電器の発火の記載

平成29年5月26日付の消費者庁の消費生活用製品の重大製品事故に係る公表に、Anker社製充電器で火災事故の記載があることが分かりました。 対象製品は71AN7105(Anker 40W 5ポート USB急速充電器)。事故は平成29年4月25日に宮城県で発生。管理番号はA201700097。 事故内容は当該製品で他社製のモバイル機器を充電中、当該製品を焼損する火災が発生。現在、原因調査中とのこと。 […]

UPQ Phone A01Xに充電制御のファームウェア配信開始 バッテリー焼損事故を受けて

株式会社UPQ(アップ・キュー)は同社製品「UPQ Phone A01X」に充電制御を改善したファームウェアを配布を開始しました。 これは5月9日にUPQが発表した声明に基づく対応です。UPQは、UPQ Phone A01Xの発火事故がバッテリーを原因であると特定し、対象バッテリー購入者に対する対応を行うことを発表していました。 ファームウェアは5月25日より順次配布されており、現行のファームウェ […]

FREETEL MUSASHIで発火事故があったことが判明

消費生活用製品の重大製品事故に係る公表として、プラスワン・マーケティング株式会社のFREETEL MUSASHI(ムサシ)FTJ161Aで発火事故発生が公表されていたことが分かりました。 消費者庁が平成29年2月3日のニュースリリースにて公表。平成29年1月12日に神奈川県にてバッテリーを焼損する火災が発生。公表の時点では原因を調査中となっています。 公表内容については、速報段階のものであり、今後 […]

UPQ、バッテリー焼損事故の対応窓口設置

UPQは5月9日、「UPQ Phone A01X」の発火事故について充電時のバッテリーが焼損元であると発表し、対象製品購入者専用電話窓口を開設した声明を出しました。 2016年9月22日に発生した沖縄県でのUPQ Phone A01Xの発火事故を受け、消費者庁および経済産業省指導のもと第三者機関を通して解析を行った結果、バッテリーおよび充電制御に原因があると特定。他3件の事故についても充電時のバッ […]

アンカー・ジャパン、偽造品の注意を喚起

アンカー・ジャパンはAnker製品の偽造品が流通していることに関して注意を行い、偽造品と正規品の見分け方をWebサイトにて公表しました。 偽造品はAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの一部店舗で取り扱いがあるとのこと。 偽造品はアンカー・ジャパンの保証が一切ないため、購入時は販売店の十分な確認が必要です。 偽造品が確認できている製品は以下の通りです Anker PowerCore 20 […]