日本エイサー、Windows Mixed Reality対応HMDの予約開始 価格は4万円

日本エイサー株式会社はWindows Mixed Realityに対応したHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の予約販売を5月23日から開始しました。

価格は40,000円で同社の直販サイトのAcer Direct楽天市場店で予約可能です。直販サイトでは8月31日以降の発売となっていますが、日本エイサーは8月中の早い時期の発売開始を目指しているとのこと。

スペック
視野(FOV)水平95°(フレネルレンズ)
ディスプレイサイズ2.89インチ×2
解像度2880×1440(単眼1440×1440)
ディスプレイリフレッシュレート60Hz(HDMI 1.4)
90Hz(HDMI 2.0)
トラッキングセンサージャイロスコープ,加速度計,磁力計
トラッキングカメラフロント部×2
サウンドビルトインオーディオ,マイクロフォンサポート
コネクターHDMI 2.0(ディスプレイ),USB 3.0
推奨PCスペック
OSWIndows10(Creators Update)
CPUIntel Core i7(デスクトップ向け 6 コア以上),
AMD Ryzen 7 1700(8 コア,16 スレッド)
グラフィックボードNVIDIA GEFORCE GTX 980/1060,
AMD Radeon RX 480(8GB)以上,
DX12 and WDDM 2.2 capable GPU
グラフィックドライバーWindows Display Driver Model (WDDM) 2.2
電源15W以上
HMD コネクターHDMI 1.4(60 Hz),
HDMI 2.0(90 Hz)
(HMD用HDMI ポート必須)
解像度SVGA(800×600)以上
ビット深度 1670万色
RAM16GB以上
ストレージ10 GB以上
USBUSB3.0 Type-A,
HMD用USB ポート,
900mA以上の電流供給可であること
BluetoothBluetooth 4.0

PCへの接続が必須ですがMicrosoft HoloLensよりもとても値段が安いです。その代わり、推奨スペックPCのコストがかなりかかりますが。

ソース:日本エイサー楽天市場