ZTE BLADE V8発売。デュアルカメラ DSDS auVoLTE対応

ZTEジャパン株式会社はAndroidスマートフォン「ZTE BLADE V8」を発売することを発表しました。

4Gと3Gの同時待ち受け、auVoLTE対応。デュアルカメラでボケ味のある写真撮影でき、撮影後のリフォーカスも可能。前面にはなんと1300万画素のカメラを搭載。発売日は5月25日です。

スペック
OSAndroid 7.0
CPUSnapdragon 435 1.4GHz×4,1.1GHz×4
RAM3GB
ROM32GB
ディスプレイ5.2インチ IPS
画面解像度1920×1080
背面カメラ1300万画素+200万画素
前面カメラ1300万画素
バッテリー2730mAh
SIMカード1:nano 2:nano(兼microSD)
端子 スロットmicroSDXC,3.5mmヘッドホン,指紋センサー(前面),USB※1
無線LANIEEE802.11 b/g/n
BluetoothBluetooth 4.1
4G/3GB1,3,8,19,26(auVoLTEのみ)/B1,6,8,19
サイズ高さ148.4mm 幅71.5mm 厚さ7.9mm
重量141.6g
カラーシャンパンゴールド,ミッドナイトグレー
その他4G+3G/2GのDSDSFMラジオ,電子コンパス,ジャイロセンサー
価格34,800円(希望小売価格)

※1 ZTEのウェブページには形状の記載はないが5月22付のケータイWatchの記事にはmicroUSBと記載されている。

最新OS、DSDS、指紋センサーと最近のトレンドを取り入れ、さらにデュアルカメラとSnapdragonを搭載しています。しかしカメラ性能を除きこの価格帯のスペックを考慮するならなら私はMoto G5 Plusをおすすめします。

ソース:ZTE