iVideo月間900GB SIMを使ってみた感想。純SoftBank回線で特定の時間帯の速度低下なし。データ残量の確認に難あり。

5月に契約したiVideoが提供する「SoftBank SIM Free端末専用 4G LTE 一ヶ月900GB」の良かったことや不満なことを書いていこうと思う。

純粋なSoftBank回線

はじめに結論から言うと、純粋なSoftBank回線回線だった。MVNO(いわゆる格安SIM)のように特定の時間帯によって通信速度の低下は起こらないし、YouTubeなど特定のサービスで速度が制限されるといこともなかった。実効値(実際の通信速度)は端末の仕様に依存する。

速さは使いたい端末次第

より速い通信速度を得たいなら、使いたい端末に投資する必要がある。ブラウジングをしたりTwitterなどのSNSをするならそれほど通信速度は重視する必要はないが、動画や画像をたくさん見るときに通信速度は結構気になる。

端末の仕様の下り速度の理論値は、ハイエンド端末ほどより良い傾向にある。さっきの画像のように、ZenFone 5Zではかなり良い通信速度が得られた。端末の通信速度の仕様はチェックしたいポイント。

テザリングや10GB超えで制限は起こらなかったが…

筆者の使い方では、テザリングしたり月にデータ通信を10GB以上しても特に速度の制限は起こらなかった。ただし、口コミを見ると人によっては制限がかかってしまうことがあるらしい。前回の記事のように、SIMカードの交換が可能らしく制限の回避はできるが、速度制限の懸念がある限りあくまでサブの回線としての運用に留めた方がいいと思う。

データ残量の確認はウェブサイトでできないのは不便

iVideoのウェブサイトでデータ残量の確認はできない。SIMを刺す端末をコロコロ変えるときは不便。

900GBなのだからデータ残量なんて気にする必要はないが…

料金が変動する

筆者が契約したときは税抜3300円だったが、7月8日時点では税抜3500円と若干値上がりしていた。一時、税抜3400円というときもあった。iVideoは前払い制で数か月分まとめて契約できるので、そこそこ安いタイミングで数か月分まとめて契約する作戦がおすすめ。

iPhoneではテザリングできない

仕様として、iPhoneではテザリングできない。SIMロックフリーAndroid端末ではテザリング可能。

まとめ:サブの大容量回線に適している

安くて大容量。ここまでコストパフォーマンスに優れているモバイルデータ通信サービスはなかなかないと思う

SoftBank回線が使える、自分の好きなSIMロックフリー端末で使えるのも良い。

一方、時間帯によって速度の制限はないものの、テザリングや短期間での大容量通信時後の速度制限の懸念がある。なので、このサービス1本に依存した運用はおすすめできない。

【SIMのみプラン】SoftBank SIM Free端末専用 4G LTE 一ヶ月900GB