スマホが普及してる現代で、新型iPod touchは誰へ向けたのモノ?用途を考えてみる。

Appleは5月28日、突如として第7世代となる新型iPod touchを発表した。

2015年7月に発売された第6世代以来のアップデート。主な進化は、CPUがA8からA10になったことだ。

第6世代のA8はiPhone 6と同じA8ではなくダウンクロックされている。なので、iPhone 6より処理性能が少し劣る。今回の第7世代のA10もダウンクロック版かは不明だが、ダウンクロック版A8よりかは遥かに快適な使い勝手になると思う。A10自体は、iPhone 7やApple Pencil対応の初代廉価版iPadに搭載されている。

デザインは良くも悪くも第6世代と全く同じだ。最近のスマートフォンはベゼルレスが主流なので、第7世代iPod touchはやや野暮ったく見えてしまう。一方で、4インチディスプレイ搭載とそもそも小型な筐体なので、ベゼルを削る余地がなかったのかもしれない。

セルラー機能がないのでSIMカードは刺さらないし、通話もできない。機能が少ない分、本体の重さはたった88gだ。

ストレージ容量のラインナップは、32GB(税抜21,800円)、128GB(税抜32,800円)、256GB(税抜43,800円)だ。下位モデルは税抜21,800円で買えてしまうことには驚いた。

これは誰へ向けたモノ?

タイトルにもある通り、スマートフォンが爆発的に普及した現代で、あえてセルラー機能も通話機能もない、ましてや生体認証もないiPod touchを誰が買うのかと一瞬疑問に思うかもしれない。

そこで、この第7世代iPod touchはどんな人が買うのかを勝手に想像してみた。

音楽プレーヤーとしてはアリか?

iPodの醍醐味である音楽プレーヤー機能を検討する。

メリット

一般的なDAPと比較して、多量の楽曲を管理しやすい

一般的なポータブル音楽プレーヤーとはことなり、iPod touchには4インチの画面が搭載されている。なので、大量の曲を探し出したりするのには結構優れている。iOS標準のミュージックアプリが使いやすいかどうかは別だが。

イヤホンジャックがある・電池消費やストレージをスマホと分散できる

ハードウェア由来のメリットとして、イヤホンジャックがあることや、スマートフォンと2台持ちしたとき電池消費やストレージ容量を分散できるメリットがある。

デメリット

ハイレゾ出力非対応

高音質さを求めるならば、ハイレゾ対応か否かも考慮したい。

FLACの再生はできるのでハイレゾ相当のファイルの再生はできるようだが、イヤホンジャックの出力に関しては、仕様に特に明記されていないため非対応と思われる。

LDACやaptX非対応(かもしれない)

iOSデバイスは通例でLDACやaptXに非対応なので、今回も同様だと思う。

ハイレゾ対応イヤホンやヘッドホンでハイレゾ音楽を楽しむには、LDACやaptXの対応が必須だ。

今更4インチでゲームってどう?

CPUが強化されたことにより、先代よりもゲームが快適にプレイできると思う。

しかし、一度大型スマートフォンでゲームを楽しんだことがある人にとっては、4インチの小さな画面でゲームをプレイするのは不満に思うかもしれない。

ただし、32GBの最下位モデルの値段が税抜21,800円と大変リーズナブルだ。iPhone 7相当のスペックの端末がこの値段で入手可能なことは、かなり魅力的だ。

よって、収入が少ない、例えば学生にとってはゲーム用のサブ機として最適な選択だと思う。お金に余裕がある人はiPadでいいと思う。

他の用途

機種変更したいけど、自分の意志ではできない人

特に学生は、スマートフォンの契約を親御さんが管理していると思うので、機種変更の要望が通らないことがあると思う。そんなときに、完全にスマートフォンの代わりにはならないもの、それなりの用途を満たせるiPod touchは適している。何より、税抜21,800円は手が出しやすい値段だ。

ベッド用

ベッドで使うようのサブ機に安くて高性能な端末が欲しいけど、それほどハイスペックである必要はないしコストも抑えたい。そんな人にオススメ。

動画再生専用機

今回のiPod touchには256GBモデルが用意された。例えば、動画ストリーミングサービスを利用するとき、オフライン用の動画をたくさん保存可能だ。

オフライン動画を保存する需要として、固定回線の通信速度が遅いため、動画のストリーミング再生が厳しいとき。就寝前や外出前にiPod touchで動画をダウンロードしておけば、回線の速度に依存せずに動画を楽しむことができる。

また、変換アダプターを用意すれば、テレビ出力も可能だ。(出力できるかはアプリによる。)

※書いてみたものの、こんな使い方をする人はほぼいないと思う。

まとめ

第7世代iPod touchの大きな魅力は、低価格でiPhone 7相当のCPU搭載の端末を入手可能なことだ。なので、多額の資金を持っている人には、このiPod touchは輝いて見えないかもしれない。

また、iPod touchではなく中古スマホ買うという選択肢もあるが、AppleというブランドやiOSが好き、本体が軽くて小さいの端末が欲しいという理由もiPod touch購入の後押しになる。

ソース:Apple