LINE Payの1000円を無料で送れる300億円祭。筆者の友人12人に送ったら、受理は1人だけだった。

LINEは5月20日から決済サービスのLINE Payで「全員にあげちゃう300億円祭」を開催している。

1000円相当のLINE Payボーナスを無料で送ることができるというキャンペーンだ。

YouTuberのヒカキン氏も宣伝し、キャンペーンの周知は大々的に行われていると思う。

筆者もキャンペーンに便乗し、友人12人へ1000円相当を無料で送金してみた。

ところが、現時点では受理完了者は1人だけだ。

受理していない11人全員へ理由を聞いてはいないが、1人へ話を聞いてみると、1000円分のLINE Payボーナスを受け取るための条件である本人確認がどうやら面倒らしい。

ちなみに受理した1人は、銀行口座登録の設定をキャンペーン開始前から済ませてある。

やはり、たとえ1000円が無料でもらえるとしても、日本人にはひと手間を自ら設定するという行為が苦手なのかもしれない。SNSで頻繁に目にする、携帯電話の契約時にすべての設定やデータ移行を店員さんへ任せてしまう事例にも似ている。

また、送金は12人に行ったが、実は1名に送金しようと思った。しかし、誰かから既に1000円分のLINE Payボーナスを受け取ったらしく、送金が失敗に終わった。

参考:LINE