Spectee社、人工知能を活用した自動ニュース記事作成技術で特許取得

Spectee社、人工知能を活用した自動ニュース記事作成技術で特許取得

株式会社Specteeは5月8日、ディープラーニング(人工知能技術)を活用して、SNSから事件、事故、火災、自然災害等の情報をもとに自動的にニュース記事を作成する技術に関して、2つの関連特許を申請し、特許庁に受理されたことを発表しました。

特許申請の内容はSNSの投稿から自動的に記事化をする一連の技術、複数の投稿から事象の発生地点割り出す技術の2つです。

Spectee社はSNSの投稿内容を人工知能で解析し1本のニュース記事に自動的にまとめるサービスを提供しています。SNS投稿の画像や動画も収集可能。平均的に4~5件のSNSの投稿があれば300字程度のニュース記事を作成可能であり、国内の100の社の報道機関に採用されています。

自動的にニュース記事が作成されるため、事象が発生した時の情報発信のスピードにとても優れています。

このような速報性に特化している技術が日本にあるということを私は知りませんでした。今後のサービス提供機関の拡大に期待です。

ソース:Spectee

その他サービスカテゴリの最新記事