ZenFone 6 ZS630KLの仕様が公開。バンド19対応モデルあり。バンド42はまた非対応。

ASUSが発表したフラッグシップスマートフォン「ZenFone 6 ZS630KL」の仕様がグローバルサイトにて公開された。

モバイルネットワークの対応周波数欄を見たところ、LTE周波数のバンド19に対応しているモデルがあること確認した。

ZS630KL 対応周波数

対象のモデルはB versionとC versionである。

B versionが対応するLTE周波数は、バンド1/2/3/4/5/7/8/18/19/26/28/38/39/41/46。

C versionが対応するLTE周波数は、B versionの周波数に加え、バンド12と18にも対応する。

LTEのバンド19は、世界ではdocomoでしか運用されていない。わざわざバンド19に対応させたモデルがあるということは、ZenFone 6が日本へ投入される可能性があるのかもしれない。

また、昨今のハイエンドモデルは対応し始めているバンド42には対応していない。先代のハイエンドモデルのZenFone 5Zも対応していなかった。

例えば、他のハイエンドモデルでは、Sony MobileのXperia XZ3 SO-01L、SamsungのGalaxy S9 SC-02KやGalaxy S10 SC-03LがLTEのバンド42に対応している。ASUSには、対応周波数に関してはもう少し頑張って欲しいと思った。

(LTEバンドを考慮しなくても、ASUSは毎年日本にフラッグシップを投入しているので、今年も投入されると思う。)

ソース:ASUS