SONYの現行携帯ゲーム機 PS Vitaについて少しだけ考える

SONYの現行携帯ゲーム機 PS Vitaについて少しだけ考える

私は普段あまりゲームをしませんが、不意にPlayStation Vitaを見かけたので少しだけこのハードについて考えてみました。

PCH-2000 シリーズ スペック

発売日 2013年10月
CPU Cortex A9×4
GPU IMG SGX543MP4+
RAM 512MB
ストレージ 1GB
画面 5インチ、液晶
解像度 960×544
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
サイズ 横183.6mm 縦85.1mm 厚さ5.0mm
重さ 219g
その他 背面タッチパッド

重さや電池持ちは2011年12月に発売されたPCH-1000と比べて改善されています。しかしCPUや画面解像度などのスペックはおよそ5年間変わっていません。

Vitaにはゲーム機として豊富なゲームタイトル、物理ゲームパッドなどいくつか利点があります。しかし5年間もソニーの最新携帯ゲーム機がアップデートされていません。

加えて、比較する対象が間違っているかもしれませんが、最新スマートフォンと比べれば頼りないスペックかなと思います。画面が5インチクラスなら解像度1920×1080、RAM2~4GBあたりが現在は主流となっています。

私はあまりゲームをしないと述べましたが、PCH-1000とPCH-2000、Vita TVを中古で購入し数タイトルは熱中してプレイしていました(GOD EATER2など)。普通にプレイしている時は快適ですが、グラフィックが頻繁に変わる場面では動作がカクカクしていました。

部門が違うので一概には言えませんが、ソニーのスマートフォンのXperiaは頻繁にラインナップが更新されているのに、携帯ゲーム機は全然アップデートされないのは少し疑問に思います。

参考:PlayStation Vita

 

オピニオンカテゴリの最新記事