SHARP、AQUOS R3を発表

SHARPは5月8日、スマートフォン「AQUOS R3」を発表しました。

動画撮影では、AIがシーン判別し、15秒のダイジェストを自動的に作成します。

静止画撮影では、AIが被写体を認識し、シャッタースピードや露光を調整。暗所では、AIが自動で高速連写し、最もブレのない1枚を抽出します。

ディスプレイは新開発の「Pro IGZO」を採用。10億色の色表現と、従来機AQUOS R2より約2倍の明るさ実現し、HDRの映像を忠実に再現します。また、120Hz駆動により機敏なタッチ操作性が得られ、電力効率は従来機比約10%向上しました。

筐体の放熱も従来機AQUOS R2より改善し、同一処理時を比較するとAQUOS R3の表面温度は5℃低いとのこと。

ディスプレイの上端と下端にはそれぞれ前面カメラと指紋センサーがあり、ノッチとなっています。

仕様

  • 製品名:SHARP AQUOS R3
  • OS:Android 9
  • CPU: Snapdragon 855
  • RAM:6GB
  • 内蔵ストレージ:128GB
  • ディスプレイ:6.2インチ、120Hz駆動
  • 画面解像度:3,120×1,440
  • 背面カメラ(静止画用):1,220万画素、f/1.7
  • 背面カメラ(動画用):2,010万画素、f/2.4
  • 前面カメラ:1,630万画素、f/2.0
  • バッテリー:3,200mAh
  • 端子・スロット:不明
  • センサー:指紋認証
  • ネットワーク:不明
  • 無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:Bluetooth 5.0
  • サイズ:約156mm×74mm×8.9mm
  • 重量:約185g
  • カラー:プレミアムブラック、プラチナホワイト
  • その他:Qi充電対応、Google アシスタント起動用ボタンあり
  • 製品ページ:SHARP

ソース:SHARP