dカードプリペイドの所感。クレジットカードのように使えてローソンで高い還元

dカードプリペイドの所感。クレジットカードのように使えてローソンで高い還元

三井住友カードが発行しNTTドコモが提携している「dカードプリペイド」をしばらく使ってみたので感想等を述べたいと思います。

ドコモユーザー以外でも発行可能に

私が入手したいと思ったきっかけが、4月17日にドコモの携帯電話回線を持ってる人以外にも申し込み条件が拡大されたことでした。

審査なし

12歳かつ中学生以上でdアカウントを持ってるならば誰でも発行できます。dアカウントの発行は無料です。

私はドコモを契約していませんが、dアニメストアやdTV、dマガジンを利用していたため既にdアカウントを作っていました。

iDやMastercard加盟店で利用可

iD加盟店およびMastercard加盟店で利用することができます。Mastercardに関しては、町のお店に限らずネットショッピングや課金に使えます。検証していませんが月額決済サービスには利用できないと思います。

iDは使えない店舗あり

iD決済ができない店舗があります。例えば、有名な飲食店のマクドナルドでは使えません。加えてコカ・コーラの自動販売機でも使えません。

参考:ご利用できない加盟店について

※追記 マクドナルドで利用できるようになりました。

クレジットカードチャージ可能 ただし条件あり

チャージ方法にはローソン店頭、ドコモの携帯電話料金と合算、dポイント、dカード決済、クレジットカード決済があります。

クレジットカードチャージではチャージできるカードに以下の条件があります。

  • カードブランド:Visa、Master
  • チャージ1回につき手数料200円
  • VJA、オムニカード協会加盟店各社発行のVisa、Mastercard利用の場合、手数料は無料

私は当初、Mastercardブランドの楽天カードでチャージする予定でしたが三井住友Visaデビュープラス(三井住友カード)を利用することにしました。楽天カードがオムニカード協会加盟店ではないのでチャージ手数料が発生してしまいますが、三井住友VisaデビュープラスはVJA加盟店でありチャージ手数料がかからないからです。

クレジットカードチャージが面倒

この記事の執筆時には専用アプリ等は用意されていないので、Webページ上から手続きを行います。

このWebページでの手続きが非常に面倒です。手順は以下の通りです。

  1. dカードプリペイドのページにアクセス
  2. dアカウントログイン
  3. 生年月日の入力
  4. マイページからチャージを選択
  5. 金額入力、ラジオボタンで決済方法を選択
  6. 確認画面で確認を選択
  7. Vpass(クレジットカードの本人認証)による認証
  8. チャージ完了

チャージ完了までのプロセスが多すぎます。チャージの簡略化や専用アプリでの楽なチャージ方法などが用意されるべきだと思います。

オートチャージ機能なし

クレジットカードによるチャージが面倒にも関わらず、オートチャージのサービスがありません。

0.5%ポイント還元+ローソン3%還元

決済で税込200円ごとに1%のdポイントが溜まります。計算すると0.5%の還元です。さらにローソンの買い物では税抜金額の3%が翌月中旬にチャージされます。この点は私が入手したかった一番の目的です。

ローソンでの買い物を想定すると、

  • 三井住友Visaデビュープラスでのチャージでクレジットカードのポイント1%(ただしポイントが付くか未検証)
  • ローソンでdポイントカード提示で税抜金額に1%
  • ローソンでdカードプリペイド決済税抜金額に3%
  • 通常のdカードプリペイド決済税込金額に0.5%

以上より税抜1000円の買い物につき5.5%の55ポイントがdポイントとして還元されます。未検証の部分がありますが、計算通りに還元されれば非常にうれしいです。

※追記 三井住友Visaデビュープラスでのチャージではポイントが付きませんでした。

ポインコのカードデザインは不満

先着10万枚がポインコデザインのカードようで、私は見事にこのデザインのカードを手に入れてしまいました。個人的な感想ですがあまりこのデザインは好きではありません。

まとめ

このカードの魅力は手軽にクレジットカード決済およびおよびiD決済できるカードが持てること、ローソンでの高還元率にあると思います。私にとっては魅力のメリットが十分に大きいので、不満点が改善されることを期待しています。

関連:dカードプリペイド