sXGPに対応したスマホ、Omni K5を発表

CYBERDYNE Omni Networksとコヴィアは、SIMフリースマートフォン「Omni K5」を発表しました。

LTEおよび3G通信に加え、自営通信向け規格のsXGPにも対応します。

NFCを搭載し、 IP-2(NFC Interface Protocol-2)に対応 。イードクトル社が提供する医療情報システム向け個人認証ソリューション「Taikoban」、およびバイタル機器連携ソリューション「EVIS Cloud」にも対応し、「NFC+パスワード」や「NFC+生体」といった二要素認証を実現します。

micro USB端子用にマグネット式アダプターが付属します。

2019年5月発売予定。一般向けには、コヴィア公式オンラインショップ「FLEAZ Direct」 で税抜24,800円で販売予定です。法人向けにはCYBERDYNE Omni Networks株式会社の販売チャネルを通じて展開されます。

  • OS:Android 9.0
  • CPU: Quadcore 1.3GHz
  • RAM:2GB
  • 内蔵ストレージ:16GB
  • ディスプレイ:5インチ
  • 画面解像度:960×480、18:9
  • 背面カメラ:デュアル500万画素・30万画素
  • 前面カメラ:200万画素
  • バッテリー:2,000mAh(着脱可)
  • 端子・スロット:microUSB、micro SIM、nano SIM、
    microSD 、3.5mmイヤホン
  • センサー:G、近接、環境光、デジタルコンパス、ジャイロ、指紋
  • GNSS:GPS、GLONASS、QZSS、A-GPS
  • 無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n
  • Bluetooth:Bluetooth 4.0
  • ネットワーク:GSM/GPRS/EDGE:850/900/1800/1900MHz、WCDMA:B1/6/8、FDD-LTE:Band 1/3/8/19、TD-LTE:Band 39
  • サイズ:約137×64.7×10.2mm
  • 重量:約146g
  • カラー:1色のみ
  • その他:micro USB用マグネット式アダプターが付属
  • 製品ページ:CYBERDYNE Omni Networks

ソース:CYBERDYNE Omni Networks