ASRock DeskMini A300を使った自作PCが完成しました。

前回の記事で言ってた通り、ASRockのベアボーンキットのDeskMini A300を使って初めての自作PCに挑戦してみたいと思い、ついに完成させました。

メモリ、CPUはすぐに入手できましたが、肝心のDeskMiniがなかなか入荷せず待ち遠しかったです。

構成

  • CPU:AMD Ryzen 5 2400G(4コア8スレッド/3.6GHz)
  • メモリ:G.SKILL F4-2400C16S-4GRS(SODIMM DDR4 PC4-19200 4GB)×2枚
  • ストレージ:ADATA Ultimate SU650 ASU650SS-120GT-X 120GB
  • マザーボード:ASRock A300M-STX
  • CPUクーラー: Ryzen 5 2400G付属品

前回の記事では、CPUをAthlon 200GEかRyzen 3 2200Gのどちらかにしようとしていましたが、夢とロマンを求めた結果、この2つより上位スペックのRyzen 5 2400Gを買いました。

また、CPUクーラーは、当初はDeskMini付属品を使おうと思いましたが、ファンからキィーンという不快な音がするので、仕方なくRyzen付属品を用いました。初期状態ではCPUクーラーの高さがケースの幅より高く収納できないため、ファンのカバー部を外し無理やりケースに押し込みました。

トラブル

Windowsのインストールが終了後にBIOSの更新をしてみたところ、BIOSがSSDを認識しなくなり、起動のたびにBIOSの画面に飛ばされるようになってしまいました。

WindowsのLive USBではSSDを認識したので、やむを得ずWindowsを再インストールしてみたところ、今度はちゃんとBIOSがSSDを認識しました。

かかった費用

溜まっていたポイントやポイント還元などがあるので、実質価格は安くなります。

(全て税込み)

  • ASRock DeskMini A300:22,180円(ヨドバシカメラ)
  • AMD Ryzen 5 2400G :16,437円(dショッピング)
  • G.SKILL F4-2400C16S-4GRS×2:6,560円(ドスパラ)
  • ADATA Ultimate SU650 120GB:2,980円(NTT-X Store)
  • 合計:48,157円

感想

▲奥行きがスマホ2台分しかないくらい小さいです。

説明書を見ながらネジを外したり付けたりするだけだったので簡単でした。しかし、途中で様々なコネクタをマザーボードのどこに刺したらよいかわからなくなって慌てました。

Windowsが起動しなくなるトラブルがあったものの完成できたので良かったですし、組み立てやセットアップが楽しかったです。組み立て後は問題なく軽快に動作しています。

DeskMini自体については、こんなに小さい筐体で必要以上に動作するPCが本当にあると思わずびっくりしました。

Macノートはあるものの、Windowsのデスクトップ機は今回組み立てたこのPCしか持っていないので、しばらくはメイン機運用していくと思います。