あけましておめでとうこざいます。今年は減量します。

(自我を持ち始めてから)人生で初めて初詣へ行きました。

新年明けましておめでとうございます。

昨年どころか開設時から気まぎれな更新頻度の弊ブログを、今年もよろしくお願いします。

デジタルガジェット関連の内容はガジェットシーク、それ以外の内容はあすぱら雑記に綴っていくつもりです。

さて、私事ですが、今年の目標の一つに「減量」を挙げたいと思います。

いつの間に20歳を超え、今年は23歳になり、そろそろ生活習慣病云々に気を付けなければならない年齢です。

そんな私の体重は、公表が恥ずかしいほどの値となっています。目立つ大きさの腹部を伴っています。

と思いつつも、短気にガッツリ減量するのではなく、食生活を見直す、日常で軽い運動を取り入れるなどゆっくり緩やかに減量を行っていくつもりです。希望としては、正しい習慣を習慣化したいです。

ガジェット関連のブログなのでここで終わらず、これを機に買ったグッズを紹介したいと思います。

Xiaomi Mi Band 3

中国(日本でも一部界隈で)で有名な総合家電メーカーXiaomiのウェアラブル端末です。時間、歩数、心拍数、睡眠の計測、スマートフォンの通知を表示してくれます。

国内代理店の技適マーク取得品を買ったので、輸入版より高額でした。

睡眠の計測を含む定期的に心拍数を計測する機能をオフにすれば、一度のフル充電で20日間は使えるとのこと。私は心拍数計測機能をオンにして使っているためバッテリーの減りは速いものの、3〜4日置きに風呂に入っている間だけ充電するようにすればバッテリーが枯渇することはありません。

バッテリーの持ちが良いのでほぼ常に装着しています。使ってみると、睡眠の質が低いことが明らかになり、なんとかしなければと思いました。Mi Band 3は浅い眠り、深い眠り、覚醒の区別までしてくれます。

Xiaomi Mi Body Composition Scale

Mi Band 3の購入に合わせて体組成計も買いました。

体重、体脂肪率、筋肉量、骨密度などを計測してくれます。

計測してみたところ、案の定、体脂肪率が高めでした。

体組成計そのものに値が表示されるのではなく、Xiaomiのヘルスケアアプリ「Mi Fit」内で値が表示されます。計測前にMi Fitとペアリングする必要があります。Mi Fitは前述したMi Band 3もペアリングすることができ、Mi Fit内であらゆる計測データをまとめて管理することができます。

ちなみに、Mi FitはGoogle Fitとデータ連携することができ、例えばGoogle Fitの歩数データを利用するアプリに間接的に歩数を反映させることができます。

マツモトキヨシ ソイプロテイン

なんとなくプロテインを飲み始めたいと思いましたが、どれを買っていいかわからず、とりあえずザバスより安かったマツモトキヨシブランドのソイプロテインを買いました。減量目的ならホエイではなくソイプロテインがいいらしい。おいしいので続けられそうです。

マツモトキヨシで頻繁に買い物をしているためマツキヨポイント3倍、dポイント1倍、dカード特約店なのでdカード決済のポイント3倍、毎回もらえる謎の10%引きクーポンを利用しなんとなくお得に購入しています。


繰り返しになりますが、今年も弊ブログをよろしくお願いします。また、中の人もよろしくお願いします。

おまけ①:去年買って良かったモノたち

Huawei P20(スマホ)
じゃんぱらで54,800円だったので意識を失った。コンパクト筐体、カメラが綺麗、電池持ち良い、充電速すぎる。

final E2000(イヤホン)
5000円以下でこの音質はすごい。

パスタ一人前がレンチンで茹でれられる容器(ダイソー)
もっと早く買っておけば良かった。

リトルバスターズ!(アニメ・ゲーム)
ガジェットではないがデジタルコンテンツなので。アニメから入った。ボロ泣きした。こんな素晴らしい作品に触れることができて感謝しかない。

created by Rinker
HUAWEI(ファーウェイ)