FREETEL KIWAMI・MIYABI・Priori 3/3S LTE・REIに4Gエリアなのに3Gに繋がってしまう不具合修正のアップデート。機種ごとに注意事項あり。

MAYA SYSTEMはFREETELの製品6機種に対してソフトウェアアップデートの配信を開始しました。

同社は、重要な問題の修正が含まれているので、対象機種ユーザーは必ずアップデートの適用をするようにと案内しています。

対象機種はSAMURAI KIWAMI、SAMURAI MIYABI、Priori3 LTE、Priori3S LTE、RAIJIN、SAMURAI REIです。

対象バージョンは、以下の画像記載以外のバージョンです。

アップデート内容は、LTEを利用できる環境でもLTEに接続せず、3Gに接続してしまう場合がある問題の修正です。

同社によれば、アップデート開始時の案内では「SoftbankおよびYmobileのSIMカードをご利用の際」という条件でしたが、今後他のSIMカードを利用の際も、上記現象が発生する可能性があるとのこと。

また、機種ごとに個別に注意事項が案内されています。一部事項を抜粋します。

SAMURAI KIWAMI

ビルド番号「FREETEL_FTJ152D_20160902_a」または「FREETEL_FTJ152D_20160919」からアップデートする場合、

  • Android 6.0にアップデートされる
  • MicroSDに保存されているアプリが削除される
  • 標準カメラアプリから一部機能削除(マルチアングルモード、モーショントラックモード、ライブ写真モード、スロー動画撮影)
SAMURAI MIYABI
  • SDカードを抜いておく
Priori3 LTE
  • APNが初期化されるため、自分で追加したAPNはメモ等しておく必要あり
  • SDカードを抜いておく
Priori3S LTE
  • APNが初期化されるため、自分で追加したAPNはメモ等しておく必要あり
  • SDカードを抜いておく
RAIJIN

ビルド番号「FREETEL_FTJ162E_20170107」からアップデートする場合

  • SDカードを抜いておく
  • 「ファイル」と「ライト」アプリのアンインストールが可能になるが、配信されていないので再インストール不可

ビルド番号「FREETEL_FTJ162E_FPC_20170410」からアップデートする場合

  • SDカードを抜いておく
  • 「ファイル」と「ライト」アプリのアンインストールが可能になるが、配信されていないので再インストール不可
  • GPS捕捉アプリなどで準天頂衛星「みちびき」(QZSS)が捕捉不可に
SAMURAI REI
  • SDカードを抜いておく

 

他にも注意事項があるのでニュースリリース中の「<アップデートに関する注意事項>」からご覧ください。

 

ソース:MAYA SYSTEM