SHARP、AQUOS R2発表 写真/動画専用カメラ 放熱設計 前面カメラ1,630万画素 液晶は従来よりさらにヌルヌルに

SHARPはAndroidスマートフォン「AQUOS R2」を発表しました。各携帯電話事業者から2018年夏モデルとして発売される予定。

主要スペックはAndroid 8.0、Snapdragon 845、6インチ19:9液晶、1,440×3,040ドット、RAM 4GB(LPDDR4X)、背面メインカメラ2,260万画素、背面動画専用カメラ1,630万画素、前面カメラ1,630万画素、IPX5/IPX8/IP6Xの防水防塵。

▼詳しいスペックなどは製品ページを参照して下さい。

▲背面カメラは標準カメラと動画専用カメラを搭載。動画専用側は最大135度の超広角レンズ。動画撮影中に標準カメラ側がAIによって自動的に写真撮影もします。

▲前面カメラも広角で背景ぼかしが可能。

▲最近のトレンドの縦長画面に四隅はラウンド、切込みカメラ。指紋センサーは前面です。

▲ドルビービジョンとドルビーアトモス両方に対応。スマートフォンとして両方に対応は世界初とのこと。

▲ハイスピードIGZO液晶搭載。応答速度はなんと昨年フラッグシップAQUOS Rより25%向上しています。

▲CPUは最新ハイエンド Snapdragon 845、内蔵ストレージはUFS、RAMはLPDDR4Xと処理能力は全部入り。筐体は放熱設計。製品ページでは触れられていませんが、側面がXperia arcのように絞った感じになってる気がします。

▼コンセプトムービー

ソース:SHARP