LG G7 ThinQ/G7+ ThinQ発表 S845 ノッチ周囲のカラー変更と2段階の形状変更可能

LGはニューヨークで5月2日(現地時間)、LG G7 ThinQを発表しました。

主要スペックはG7 ThinQとG7+ ThinQどちらもAndroid 8.0、Snapdragon 845、6.1インチ、3120×1440、背面カメラデュアル1600万画素107度超広角f1.9と1600万画素71度広角f1.6、バッテリー3000mAh。

G7 ThinQはRAM 4GB LPDDR4x、内蔵ストレージ64GB UFS 2.1。

G7+ ThinQはRAM 6GB LPDDR4x、内蔵ストレージ64GB UFS 2.1。

詳細スペックは製品ページを参照して下さい。

▲全面と背面両面がGorilla Glass 5。IP68の防水防塵。MIL-STD 810G規格クリア。

▲画面は最大1,000 nitまで明るくなります。

▲AIによって被写体を認識し、適した撮影モードになります。

▲机などがウーファーになります。

▲側面にあるボタンからGoogle AssistantまたはGoogle Lensを瞬時に起動できます。

▲カラバリはNew Platinum Gray、New Aurora Black、 New Moroccan Blue、Raspberry Rose。

ノッチの周囲はカラーの変更が可能で、黒く塗りつぶすのも可能で角をつけるか角丸にするかも選択できる模様です。

Gadget Matchのハンズオン動画です。

ソース:LG Newsroom