とうほぐモバイルミーティング #2 に参加してきました #mobilemeeting

4月21日に仙台で行われた「とうほぐモバイルミーティング #2 2018春 ~基地局に春が来た~」に参加してきました。ハッシュタグは#mobilemeeting

昨年に続いて第2回目となっており、モバイルネットワーク(電波・通信速度・基地局・MVNO等々)の理解を深め合いました。以下、内容を発表順に簡単に紹介していきます。

ぼくのかんがえたさいきょうのでんそくかんきょう

ばーちゃらいざーさんが発表。LTEの電測(電波測定)とはどんなものなのか、電測おすすめアプリの紹介など。

楽天MNの求める国内ローミング接続における課題

おやぐまさんが発表。楽天モバイルネットワークがNTTドコモとローミングするにはどんな課題があるのか。

さくらのセキュアモバイルコネクトの仕組み

日下部雄也さんが発表。さくらインターネットの「さくらのセキュアモバイルコネクト」のSIMカードがどんな仕組みで管理されているのか。

相互接続におけるセキュリティ

くらうちよしゆきさんが発表。モバイルネットワークオペレータの相互接続にはどんなリスクがあるのか、攻撃例など。

ライトニングトーク枠

今回のモバイルミーティングから1人5分程度の発表枠が設けられました。島田純さんがSIMロック解除端末の海外利用の体験談、ぽかりさんが1.7GHz帯と3.4GHz帯の新規割当による東北地方への影響、えふのじさんがモバイル機器の車載のあれこれ、井上翔さんがITmedia執筆記事の裏話を発表しました。

最後に電波の妖精さんが「MVNO契約でInitial Attachを活用しよう!」と題してMVNOとSIMフリー端末でAPNサーチが起こらないようにする方法を発表しました。

感想

東北でモバイル関連のイベントが開かれることはとても嬉しかったです。知識豊富な方々から直接お話を聞けることは、文と違いとても良い刺激になります。参加した人にも何かしらのきっかけになったと思います。

しかし正直に言えば本編のハードルが少し高かったかなと思いました。もちろん発表者皆さんの説明はとても分かりやすかったですし、私自身の勉強不足もあり一概には言えませんが、えふのじさんの発表のようなガジェット系の話題が個人的に好きでした。

主催、登壇者皆さんありがとうございました。参加者皆さんお疲れ様でした。第3回目の開催の希望と東北のモバイル界隈が更に盛り上がることを期待します。