ZenFone 4 Max Proでラーメンはおいしく撮れてSNS映えするか検証する

▼今回検証するスマホはこちらです。

 

▼外観の軽いチェックはこちら。

撮影条件

  • ササッと撮る
  • なるべくパラメーターをいじらずオートで撮る

以上。素早く取って素早くSNSにアップロードすることを想定しています。

カメラの主な仕様

  • 通常側
    1600万画素
    f2.0
  • 広角側
    500万画素

撮ってみる

今回はラーメン二郎仙台店に行きました。

▲食券を買います(カメラは通常側)

▲お店の前(カメラは通常側でHDRをオン)店内照明は白色系のようです。

▲同じ位置からHDRオンで広角側で。

▲結果です。HDRを切って通常側で撮りました。白い照明につられて青くなってしまいました。正直、あまり美味しそうには見えません。(ニンニクあり野菜マシマシ)

▲試しに広角側で撮ってみました。色は少し良くなったものの、やはり美味しそうには見えません。

▲麺です。太くてゴワゴワでのどごしがよく相変わらずうまいです。

▲スープです。仙台店は乳化しています。うまいです。

▲ブタです。うまみが噛むほどにじみ出てきます。うまい。

▲具は完食しました。健康に気を使いスープは毎度残しています。

結論

美味しそうに撮れない。

照明の影響をモロに受けてしまい、オートでの色は食品撮影向けではありませんでした。また手ブレ補正機能がないのでしっかり構えないと写真がぼやけてしまいます。

▼比較として別日ですが、iPhone 8 Plusで撮った写真です。

ZenFone 4 Max Proよりもはっきり写り、店内照明の影響をあまり受けていない色になっています。

今回は室内の照明の影響を受けていまいましたが、暖色系の照明では違った結果になるのではと思います。結果としてZenFone 4 Max Proは白色系の照明の下でのラーメンの撮影には不向きであることがわかりました。