とうほぐモバイルミーティング 2017に参加してきました #mobilemeeting

とうほぐモバイルミーティング 2017に参加してきました #mobilemeeting

2017年9月16日に宮城県仙台市で行われた「とうほぐモバイルミーティング 2017」に参加してきました。

モバイル関連のイベントが関東や関西で行われるのに対して東北で全然開かれてない現状をきっかけに、電子の妖精さんばーちゃらいざーさんたちが発起人となったイベントです。

登壇者の方たちも含めて18人が参加し、中には青森県からなど宮城県外から来た方もいました。

公演内容は電波、通信速度、基地局、MVNOなどに関連する話題で、序盤からとてもディープな内容で私は圧倒されてしまいました。写真撮影禁止のため会場の様子を紹介できず残念ですが、終始白熱した公演で大盛況のうちにイベントは終了しました。

公演で使われたスライドはウェブ上で公開されているので参加できなかった人も閲覧することができます。以下、発表内容を簡単に紹介していきます。

各キャリアの新しい周波数の展開について

ばーちゃらいざーさんが登壇者となり、大手キャリアが新しく運用を始めている周波数帯について主に東北地方の状況について発表されました。

基地局の見分け方と探し方

ぽかり(凍結中)さんが登壇者なり、実際に自分の足で回った経験から基地局がどのキャリアのものかを判別する方法が紹介されました。

※スライドは修正中

スピードテストで送受信される情報を覗いてみよう

電子の妖精さんが登壇者となり、データ通信の実行速度を計測するスピードテストの利用の安全性や公表データの信頼性について発表されました。

最近の端末のRootingとバンド固定事情

ばーちゃらいざーさんが再び登壇者となり、モバイルネットワークのバンド固定手段やその意義について発表されました。

開幕SIMがB41に入れない仕組みについて

おやぐまさんさんが登壇者となり、SoftBank系MVNOでBand 41がどんな仕組みで利用できないかが具体的に紹介されました。

L-02F乗っ取り事件とモバイル回線のセキュリティ

電子の妖精さんが再び登壇者となり、ドコモ提供のモバイルWi-Fiルーター「L-02F」の脆弱性の解説と関連事件の原因解消の課題について発表されました。

所感

今回のようなモバイル関連のイベントに一度も参加したことがなかったのでとても充実した体験でした。深掘りされた話題についてはすぐには理解できなかったものの、それについて自分で考えてみる良いきっかけとなりました。話題に携わる方たちの生の声を聞けるとても嬉しい機会だったので、次回に限らず継続的にこのようなイベントが開催されることに期待します。

このようなイベントを開催していただいた主催および運営の皆様に感謝します。ありがとうございました。そして参加者のみなさんお疲れ様でした。

ハッシュタグ:#mobilemeeting

関連:ATND