【雑記】iPhone Ⅹの不満な点を冷静に分析してみる

先日発表されたばかりで話題の最新iPhoneについて自分なりに不満に思う点をまとめてみました。素人の考えであることをご了承ください。

テクノロジーとデザインの衝突

本体その物を画面にしてしまおうと言うのが今回のiPhoneのコンセプトです。少なくとも左右と底辺にはほとんどベゼルがありません。しかし上部は中途半端に画面でない部分が残っています。

この部分にはセンサー類とカメラが密集していて、シリーズ中iPhone Xにしかできない顔認証セルフィーでのポートレート撮影を実現するのに重要な役割を担っています。画面上部の黒い部分はiPhone Xになくてはならない存在です

しかしこの黒い部分は画面ではありません。当然画像や映像は映らないのでこの部分だけが画面から欠けてしまいます。本体をすべて画面にしたと謳っているのにこれはおかしいと思いませんか?デザインの追求とテクノロジーのアピールが中途半端な形で両立してしまっています。

一方例えばSamsung Galaxy S8、S8+及びNote8は前面カメラや顔認証、虹彩認証のセンサーなどを搭載しつつ、左右はほぼベゼルレス、上下はあえて同じ面積でベゼルを残しきれいに整ったテザインを実現しています。これこそデザインとテクノロジーの上手な両立だと思います。

ユーザーに寄り添わない快適さ

イヤホンジャックがiPhone 7シリーズに続いて今回の8、8 Plus、Xでも非搭載となりました。Xに関してはTouch ID(指紋センサー)すらなくなってしまいました。さらにはXだけ従来のiPhoneシリーズとは違う操作を要求されます。

そしてiOS。ブラウザのタブ一括消去などの隠れ機能をどんどん搭載していくことや、Plus系は大画面なのに画面下部などに自由にアプリアイコンを置けずわざわざ上部まで指を伸ばさなくてはいけないことなど地味な不便さなども相まって、iPhoneを100%理解し使用するにはある程度の時間と労力を必要とします。

もちろん慣れてしまえば問題ないことですが、質の高いメーカーのAndroid製品の使用経験があるユーザーからにとっては、ハードウェアの利便性拡張性、ソフトウェアを直感的に操作できる点がiPhoneが劣ってきていることがわかると思います。

目に見えない点は優れている

ここまで目に見える点を述べてきましたが、目に見えない点はちゃんと進化していってます。CPUやGPUの強化、モバイルデータ通信がより高速に行えるなどiPhoneの土台となる部分はしっかりと年々強化されてます。

過去発売製品も含めて迅速なソフトウェアアップデートが行われることもiPhoneシリーズに限らずiOSデバイスの強みです。

期待すること

稚拙な意見ですが、デザインや技術誇張を優先せずもっとユーザー目線での快適さを追求した製品づくりに務めるべきだと思います。内面の技術は素晴らしいものなのにユーザーが触れる外面の部分だけが残念なように思います。他社製品より優れている点は残っているので頑張って欲しいと言うのがメーカ製品開発のことを全く知らない素人の私の考えです。

Androidの後追いやパクリと一部では言われていますが、現状仕方ないことだと思います。スマートフォンの処理能力は年々進歩していますが、生体認証搭載など機能的な面はベンダー各社ある程度出切ってしまっていると思います。デザインや使いやすさなど付加価値を追求しつつ、既存の技術をうまく組み合わせていかに魅力ある製品に見せかけるかが重要なことだと思います。

参考:Apple