ハニカムラボ、バーチャル水族館にHoloLensを使った海中体験ができるコンテンツを開発中

ハニカムラボ、バーチャル水族館にHoloLensを使った海中体験ができるコンテンツを開発中

株式会社ハニカムラボは、バーチャル水族館「きららアクアリウム」内にMicrosoft HoloLensを用いた海中体験型アクアリウムコンテンツの開発を開始しました。

伊方きらら館

「きららアクアリウム」とは愛媛県伊方町の道の駅 、伊方きらら館にあるバーチャル水族館です。スペースの壁全体に投影される魚たちの映像を鑑賞することができ、魚たちは来館者の動きに反応して様々なアクションをしてくれます。

開発イメージ

ハニカムラボはコンソールゲーム、Kinect、VR、AR、イベントサイネージなどのコンテンツを多く手がける会社です。

そんなハニカムラボが手がけるコンテンツ名は「Holographic Aquarium(仮)」。きららアクアリウムの中央スペースを海の中に見立て、MRゴーグルのHoloLensで部屋の中にたくさんの魚が泳いでいる様子を観察することができます。あらゆる角度での観賞や魚たちに寄ったり囲まれたりすることが可能で海中散歩の感覚が味わえるとのこと。

ハニカムラボはHoloLensに関して特設サイトを開設しています。

ソース:PR TIMES

その他ハードウェアカテゴリの最新記事