Lenovo YOGA 710、フォトレビューと短期使用の雑感 – 薄い。軽い。かっこいい。

Lenovo YOGA 710、フォトレビューと短期使用の雑感 – 薄い。軽い。かっこいい。

Lenovo YOGA 710を購入しました。まずは外観を写真とともに紹介していきます。

「YOGA」と書かれた箱で着弾。
天板。
本体底面。なんとファンレス。スピーカーは底面。
閉じたまま視点を高く。かっこいい。
薄く、重さも約1kgなので携帯性にとても優れている。
A4用紙との比較。
本体のほうがひとまわり小さい程度だ。

 

45°くらい展開。フォルムがかっこいい。
拡大。かっこいい。
45°くらい開いたまま右側面。電源ボタン、Micro HDMI、フルサイズのUSBがある。
45°くらい開いたまま左側面。専用充電端子、ヘッドホン端子がある。
普通の用途で使うときの角度。11.6インチのフルHD。グレア。視野角は十分広い。

 

そのまま右側から。
さらに左側。
面取りがかっこいい。
タッチパッドのエッジにもちゃんと面取りがされてる。
正面に端子類はなくスッキリしている。
この製品の大きな特徴のヒンジの可動領域の大きさ。
ヒンジは360°回転できるように特殊な作りとなっている。
テントスタイル。タッチ操作がとても安定する。
スタンドスタイル。ひざに置いたときのタッチ操作が楽である。
タブレットスタイル。縦に持つときに便利である。

私はLenovoの直販サイトで学割を適用して購入しました。Intel Core i5-7Y54、RAM 8GB、SSD 256GBの構成です。とても良い見た目、十分なスペックにも関わらず9万円を切る価格で購入できました。現在なら価格コムモデルの方が私が購入したときよりももっと安いです。

1週間も経っていないいない短期使用の雑感ですが、私の用途ではとても満足しています。

以前は東芝のdynabook R73をモバイル用途で使っていましたが、重さが1.6kgととても重く、さらにタッチパッドが不満でした。しかしこのYOGA 710は重さはほぼ1kg、さらにはタッチパッドの質も良好で使用中の満足度がとても高いです。キーボードの打点感も良好です。

処理能力に関しては、Core iとありますが第6世代のCore mシリーズの後継です。それでも、私の用途の上で十分かそれ以上のパフォーマンスを発揮してくれて驚きました。ファンレスなので動作音はほぼ皆無で静かです。

処理能力が高いのでタッチ操作に最適化されたWindows 10の良さを存分に発揮できます。Atom搭載タブレットと比較して、もたつきはほぼなく快適です。電車で通学中にスタンドスタイルを利用してひざに置き、ちょっとした操作が可能です。どんな操作でもキビキビ動作するので不満が出ません。

見た目もスペックも良いYOGA 710に今ところとても満足しています。長期間使用後にもう一度レビューしたいと思います。

関連サイト:Lenovo